俺たちが忘れていたローリングバーバリアン流行りだす

こんにちは。モフろうです。

すっかりブログを書いてませんが毎日クラロワをしております。

やればやるほど分からなくなってくるんですが多分ほとんどの人もそうなんでしょうね。

大体大まかに分けてデッキが分類されてきた印象がありますが現時点で飛び抜けて強いデッキと思うのはウルトラレアガン済みの三種の神器デッキくらいで後は横並びな印象を受けます。

自分は三銃士を中核においてやっていこうと思っているのですが、また新たなる問題が出てきました。

スポンサーリンク

後衛キラーとして大活躍

最近流行りだしたのはローリングバーバリアンでしてこのカードを入れておくと防衛と攻撃に便利だというのが広まってきました。

はじめ見たのはスケラに入れているデッキです。

多分ローリングウッドが入っていた所がローリングバーバリアンに変わってます。

ローリングバーバリアンはノックバックしないんですがいざとなればターゲットを取ることが出来るのでローリングバーバリアン→スケルトンラッシュというコンボを決められます。

このスケラデッキは高回転ホグに非常に強くて墓石・アイスウィズ・トルネードと入る感じがしません。

ちなみにローリングバーバリアンだとアーチャーが死ぬのがでかいです。

1コス取れますからね。

そして三銃士デッキです。

このデッキも非常にいやらしくて三銃士の前にロリババを付けるという事が出来ます。

ロリババで樽ゴブを防衛したりと防衛の要にもなりますもんね。

ちなみに三銃士セパレートしてセパレートのロイホグは止めにくいです。

ポイズンをファイヤーボールにするのも即効性があっていいですがゴーレムデッキとかは倒しにくいかなぁと感じます。

強くなったロイジャイに入っているこのデッキも結構しんどいです。

防衛力があるので最初の2分はのらりくらりとして最後にロイジャイのゴリ押しで押し切るデッキですね。

ロイジャイに細いのを当てて防衛してきた場合はロリババが火を吹きます。

建物でロイジャイを防衛してきたらライトニングが火を吹きます。


まぁ長々と書いてきたんですが三銃士を止めるのにめっちゃ上手く使われるのでローリングバーバリアン嫌いなんですよ。

前にユニットを付けたのにローリングバーバリアンで後ろのマスケット銃士が倒されるという悲しい状況が出てきます(´;ω;`)

ちなみに最近多いマジックアーチャーを処理するのにもローリングバーバリアンが大活躍します。

マジックアーチャーに対して呪文を割いていたのがローリングバーバリアンでオッケーになりましたからね。

ちなみにローリングバーバリアンは呪文枠とも言えます。

昔、巨大雪玉が実装された時に運営はザップとローリングウッドに偏っているのを是正したいというのが全く関係ないローリングバーバリアンで達成しているという皮肉な状態です。

ローリングバーバリアンで巨大雪玉の選択が全く無くなったので死にカードですけどどうするんでしょうかね(´・ω・`)?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『俺たちが忘れていたローリングバーバリアン流行りだす』へのコメント

  1. 名前:ぱわろう 投稿日:2018/10/14(日) 16:10:44 ID:cc3c8baa6 返信

    勉強になります✨