結局エリアド取る取られるって何なよの?

こんにちは。モフろうでございます。

最近はクラロワもぼんやりとプレイしておりまして試合に勝っても何故勝てたのか分かりません。

しかし、負けは必然でエリアド取られて死亡というのがほとんどです。

負けリプを見たらエリアドが取られていく様子がつぶさに分かり自分のプレイスキルの低さが如実に分かって反省しまくりでございます。

今回はエリアドって初心者さんは分からないと思うので初歩的なまとめでも書いていこうと思います。

スポンサーリンク

エリアドの把握でようやく初心者を脱却できる

初歩

エリアドはエリクサーアドバンテージの略でこっちが出した手札を相手がそれより低いコストで返したらエリアド取られたという事が分かります。

こちらが吹き矢ゴブリンを出して相手がローリングウッドで処理したらエリアド1取られた。

こちらがゴブリンバレルを投げて相手がローリングウッドで処理したらエリアド1取られた。

ローリングウッドが優秀とよく言われる理由はエリアド取りやすいという事なんですね。

というか呪文は上手く使ったらエリアド発生装置なので誰もがデッキに最低でも1つは範囲攻撃の呪文を入れているというのがあります。

呪文以外を見るとガーゴイルを相手が出してきてスケルトンを真ん中セパレートで分けるとスケルトンにガーゴイルがつられて完璧に防衛が出来ます。

この場合は2アド取れるという事ですが必ずホグとかディガーがセットで付いてくるので実戦ではあまり見かけないですね。

昔の牧歌的なクラロワだとよくある事だったのですが今のカウンター意識が強いクラロワだと早々そんな単純な場面はありません。

まぁ昔と違って複雑化しているので簡単ではないということですね。

昔はトルネードが無かったので手札にホグがあったら初手はとりあえずホグとか簡単に出せましたがトルネードでキング起動をあっさりされるときついので初手ホグも無くなりました。

また、トルネードだけで防衛されるために1アド取られるというのも厳しいというのがあるのでしょう。

昔だと大砲で防衛されて1アドでしたが今だと1アド+キング起動という厳しいバツが付いてきます。

エリポン

そして、エリアドを取るためにあるというエリクサーポンプですがエリポンは置かれてほっておくと2アド取られます。

2個建てられたら終わりです。絶対に勝てません。

でもバランス調整されて呪文を撃つとトントンになるように調整されました。

エリクサーポンプに矢の雨とフリーズを当てない限りは大丈夫ですが、矢の雨も相手がユニットを出して巻き込んでエリクサーポンプを当てた場合はアドを取れるので問題ないです。

エリクサーポンプに対して一番良い手はディガーを当てて壊すことですがどこに出すのかで駆け引きが生まれます。

上手いプレイヤーは確実にエリクサーポンプを守ってくるので逆にタワーを壊してしまうのも手です。

ただタワーを壊せない・エリポンを壊せないとなるとほぼ負け確定です。

呪文

初心者さんで多いのが呪文を撃つ場所です。

タワーを巻き込んで撃とうとしてユニット全部に当たってないという事が結構多いです。

ライトニングもユニットに3発当てた方がカウンターをもらわなかったのにタワーを巻き込んで撃ってしまい1体残ったマスケットに何かユニットを付けられてタワーが逆に折られるというのを見かけます。

序盤中盤まではエリアドを意識してユニットを確実に処理することを考えた方が良いでしょうね。

終盤はタワーダメージを優先して折ることを考えないと負けですから仕方ないですけどね(´・ω・`)

ユニット

またエリアドとは一言では言いにくいのですがユニットを出しただけでエリアドを取れているというユニットがあります。

代表格は三銃士です。

マスケット銃士からみると12コストを9コストで出しています。

これだけでもこのカードが強いのが分かります。

それ以外にもゴブリンギャングも本来は4コストを3コストで出していると言えます。

そして、アウトローですがナイトとアーチャーの6コストを5コストで出していると言えるので強いわけです。

単体でもナイトよりも体力があり、アーチャーよりも攻撃力があるのでまた違うのかもしれませんが最近の複雑な攻撃を対処するのに出すだけで対処できてしまうイージーさが受けていると思います。

無視

タワーを落とされない程度のダメージのユニットなら防衛ユニットを出さずにタワーで防衛してエリアドを取るという選択があります。

一番分かりやすいのはアイスウィザードでアイスウィザードだけのダメージなら無視するだけでエリアド3取れます。

槍ゴブリンやコウモリ・アイスゴーレムなども無視出来るのでそれでエリアド2を取るという事が出来るのですが初心者さんは思わず防衛ユニットを出して防衛しちゃう人がいますね。

それはかなりの初心者さんになるので中々見かけませんがジャングルアリーナまでだといるでしょうね。

まとめ

初歩的なエリアドの考え方をまとめてみました。

ほぼ不甲斐ない試合をしている自分用です。

負けリプは財産なのでエリアドをじっくりと見て上手くなっていきたいものです。

所でエリアドが分かってきて中級者です。

上級者は相手の手札把握が出来るようになると上級者になってきます。

トッププロはそれプラス細かいテクニックやプレイングや知識を持ち合わせています。

エリアドの把握も普通は2倍エリクサーや3倍エリクサーになってくるとわけが分からなくなってきますがトッププロだと正確に把握してます。

日頃のトレーニングのお陰と若さゆえの脳の回転の早さでしょうね。

年寄りの私には全く分かりません。

プロプレイヤーは16歳が多いですからね。

というわけで自分用におさらいした記事でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『結局エリアド取る取られるって何なよの?』へのコメント

  1. 名前:パワロウ 投稿日:2018/06/16(土) 14:45:54 ID:c1df3f181 返信

    こういう解説記事いいですね分かりやすいしもっと書いてほしいです

  2. 名前:モフろう 投稿日:2018/06/17(日) 15:10:31 ID:cb769b374 返信

    なるほど~分かりました