バランス修正後、手が加えられなかったスケルトンバレル最強説

こんにちは。モフろうでございます。

久しぶりの更新になります。

土日はハレノヒとコインチェックが楽しすぎてクラロワどころではなかったです(´・ω・`)

投資は余剰資金でと言いますが人生を掛けて全額いっちゃった人ご愁傷様でした。

大丈夫です!致命傷ですから!まだやり直せる!

1991年のバブル崩壊、ITバブル、ライブドアショックと10年ぐらいの単位でバブルが発生して崩壊してまた再生してと繰り返してるのでまた何かしらのバブルが来るんでしょうね(´・ω・`)

お金に一切縁が無い私ですので関係ありませんがギャンブラーの皆さん頑張ってください。

さて、世間は激しい動きをしていましたがクラロワ界もバランス調整されたのでかなり変化しました。

ランバーとミニPEKKAが強くなったので色んなデッキに入っているなぁと感じます。

しかし、下方受けていなかったカードが強いんじゃないのかと感じました。

スポンサーリンク

新しい枯渇デッキと言えるのではないか!

スケルトンバレルによるザップ枯渇デッキがかなりキツイですね。

このデッキの特徴はメガナイトを抜くとエリクサー平均コストが2.8になる所でかなりの高回転デッキということです。

そして、もう一つはザップ枯渇ですね。

槍ゴブ・ゴブギャン・インドラ・コウモリ・ゴブバレと5つのカードがザップを撃ちたくなりますがどれに撃てば良いのか分かりません(´・ω・`)

相手をするとめっちゃイライラします。

お陰でこのデッキ対策のためにジャイポイの3スペルデッキが流行っていたりします。

このデッキを使ってみて分かるのはメガナイトは緊急用で使う必要が無いということです。

相手がゴーレムなどの大型系だとメガナイトで蓋をしてインドラで焼くという防衛法が使えますがそれ以外はあんまり使う必要がありません。

ホグライダーですとゴブリンギャングで防衛してザップを使わしてカウンターにスケルトンバレルやコウモリが使えるのであえて防衛でやられます。

このデッキですと2個タワーを落とすのも余裕なのであまり防衛を気にしないでドンドン攻められるので強いです。

穴掘り・コウモリ・スケバルの形を作らせたら勝ちです。

というか作りやすいです。

クラロワというゲームは攻撃の形を作るというゲームとも言えるので形を作りやすい方が勝ちます。

ですので現在のバランスだとアホの一つ覚えの様にこの形に持っていけば勝てます。

たぶん次の修正でスケバレは下方が来ますね。形を作りやすいのに受けにくいのは厳しいです。

ちなみにメガナイトが腐りやすいのでプリンスとかに変えても強力だと思います。

プリンスの突進にローリングウッドやザップをさかしたら更に枯渇デッキになると思いますしね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする