けんつめしさんお疲れ様!これからのeスポーツはスマホゲーで伸びるクラロワの未来

こんにちは。モフろうでございます。

アジア大会けんつめしさんお疲れ様でした。

正直優勝すると思っていたのでけんつめしさんと同じように負けた時涙目になりましたわ。

しかし、今回のアジアカップでeスポーツというのが日本で認知されたら良いですね。

スポンサーリンク

日本では子供の遊び

中国では

日本でゲームと言えば子供の遊びですが世界で見たら全く状況が変わっています。

まず今回のアジア大会は中国と韓国勢がとても強かったのが印象に残りますが中国と韓国ではゲームというものの概念が日本とは違います。

中国は人口も多いのですが非常に強いプレイヤーが多いというのが分かります。

理由は2022年に中国杭州で開催されるアジア競技大会でeスポーツを公式種目になるなど国を挙げてeスポーツを応援するという事をしていっているからです。(ソース元 アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入)

また、お金にもなるからです。

大会で賞金を稼ぐ以外にもゲーム配信をしてお金を得るというのが普通になってます。

有名になると中国のゲーム動画配信サイトが年俸で雇うので年俸でお金がもらえます。

その額最高200億円だそうです。(誤字ではないです2億ドルですよ。)

(ソース元 Tencent担当者インタビュー「中国でゲームがeSportsと呼ばれるまで」)

向こうはその有名な人のプレイを見たいと動画サイトでチケットを買ってその有名なプレイヤーのプレイを見るなんて事をやってたりします。

つまり野球場で野球を見ると一緒なわけです。

日本人だと規模とか動くかねとか桁違いの世界が待っていますね。

ですので中国人のプレイヤーはとてつもなく強いのが分かります。

韓国では

eスポーツが好きな人にとっては韓国はeスポーツ最強国というので有名ですが理由は韓国の国内事情と重なります。

韓国は日本よりも激しい格差社会でいい大学に入ったからといって普通の人が上に立つことなんて中々出来ません。

子どもたちがなりたい職業ランキングで1位がサッカー選手なのですが2位がプロゲーマーです。

ゲームのプロになってお金を稼ぐというのが夢だったりします。

実力も折り紙つきで世界でもプレイ人口の多いLeague of Legendで毎年優勝しております。

League of Legendはクラロワとは違ってチーム戦なので優勝賞金が違いますが世界大会の優勝で2億5000万円以上です。

勿論クラロワのように各地で大会をしているので(アジア大会など)その大会に出場して大量の賞金を稼いでいって引退した後はゲーム解説者やコーチなんかになったりします。

プロ野球選手と似た感じですね。

彼らは生きるためにゲーム(という仕事)をしているので日本人とは意識の違いがあります。

(League of Legend以上に優勝賞金が多いゲームは結構あります)

モバイルeスポーツがこれから伸びる

ゲームで何故それ程お金が動くかというと簡単に言うと競技人口が多いというのがあります。

League of Legendはプレイ人口が多いから大会でも多額のお金が動くのですがPCゲームなので限界があると思います。

しかし、スマホでは誰もが気楽に始められますし世界中でプレイしてくれる人を伸ばせる事が出来ると思います。

そして、スマホだと競技性が高いゲームというのが少なかったのですがベイングローリーとか徐々に増えてきました。

今一番熱いのはクラロワだと思いますがこれから益々増えてくると思います。

日本のゲーム会社は太刀打ち出来ないと思うますが(シャドウバースは爆死しました)そういう風な開発スタンスも増えてくるでしょう。

そうなってくると日本のeスポーツのお粗末さが前面に出てくると思います。

優勝賞金が10万円まででクラロワアジア大会の400万円とは全然違います。

日本では法律の壁があって賭博扱いになるので10万円までしか出せないという情けなさ。

国が後押しをして上げないと盛り上がりません。

台湾では蔡総統が「eスポーツはスポーツ事業」と言ってます。

日本で安倍首相が「ゲームはeスポーツになりスポーツと同じです。」と言っているのと同じなんですよね。国がバックアップしないと盛り上がれません(´;ω;`)

日本の環境を変えてドンドン日本でも大きなゲームの大会が増えていって今の子どもたちがゲームをしてお金を稼ぐというのを今のプロ野球選手を見ているような感じになっていってほしいですね。

スマホで競技人口が増えてもっと面白い試合をたくさん見たいと思いました。

また日本でもプレイ人口が増えてくるとスポンサーも増えてくるでしょう。

現に中国のプロゲーマーのチームにコカ・コーラがスポンサーになっていたりします。

例えば今回の大会でけんつめしさんの着ている服にコカ・コーラの名前を入れて出場しなくちゃダメになったりするのかもしれませんね。

それ以外にもそのゲームの知名度があれば普通に大会の協賛としてBMWやペプシやAudiが名前が上がったりしています。

スマホのゲームだとプレイ層が幅広いので意外な企業が協賛に参加するかもしれませんね。

クラロワの舵取り

クラロワは出始めた当時と違ってゲームの難易度がかなり上がっています。

最近イサポロンさんの動画を見ていたのですが自分では考えつかない範囲までレベルが引き上がったなと感じました。

本当のガチ勢はどういうプレイなのか分かりましたが、ゲームを支えるのは多くのカジュアル層(エンジョイ勢)です。

クラロワはガチに行き過ぎてユーザー離れを引き起こすんじゃないのかなぁと感じたんですが上手いことに協力バトルというのが入りました。

これは負けてもトロフィーが下がりませんし負けても悔しさがそれ程ありません。

これはガチ勢の人には物足りないモードだと思いますがユーザー層を増やすのには一役買うと思います。

動画では上手い人のプレイを見て悦に浸り、プレイでは気楽にクラロワを楽しめるというのでクラロワ人口を増やすことがしやすいと思うのです。

ですので協力プレイは常設で良いと思いますね。

クラロワガチ勢の人にお願い

どのゲームでもガチ勢がいましてスキルを競う競技性が高いゲームではありがちですがガチ勢の人はカジュアルに遊んでいる層を見下す傾向があります。

長いゲームの歴史を見ると初めはシューティングゲームというジャンルがありまして高難易度へいってカジュアルなユーザー層がいなくなりました。

ガチ勢の言う事を聞きすぎた開発がダメだったのかもしれません。

次に格闘ゲームが出てきまして、これもスキルの競い合いのゲームで高難易度化して新しいユーザーを増やす事が出来ずに沈んでいきました。

また、プレイしている人も好戦的でしたね。

そして、FPSでもキルデス1いかない人はこのゲームやめろという人が出てきたりしますがそういう事を言っているとドンドン人がいなくなっていきます。

そうなると競技人口が増えないのでプロとしての大会の賞金が減ります。

ですので、そんな事を言わずにガチな人はプロになってカジュアルに遊んでいる層に優しくしていって欲しいですね。

草野球をしている人をプロ野球選手が見下すことなんてありませんからね(´・ω・`)

草野球をしている人はプロ野球のファンになってくれるんですからね。

クラロワをしている人はユーザー層を増やして日本にモバイルeスポーツを根付かせる為に頑張りましょう。

そして、適当にプレイしている私に優しくして下さい(終わり)

PS:日本人からけんつめしさん以外にも賞金を稼げるクラロワプレイヤーが出てくると事願っております。

【クラロワ実況】クラロワアジアカップとeスポーツの話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『けんつめしさんお疲れ様!これからのeスポーツはスマホゲーで伸びるクラロワの未来』へのコメント

  1. 名前:アップルパイ 投稿日:2017/07/10(月) 08:32:10 ID:03555a908 返信

    これからは「ゲーム」の価値観が変わりそうですね~
    あと、「クラロワの舵取り」の文章中に謎のURLがw

  2. 名前:モフろう 投稿日:2017/07/10(月) 12:19:30 ID:a8d3c2858 返信

    途中でPCがフリーズして謎の文章が何故か入ってました(´・ω・`)

  3. 名前:ハシロウ 投稿日:2017/07/11(火) 19:28:50 ID:e47f9f15e 返信

    外国はスケールが違いますね(´・ω・`)
    ガチ勢の人の大半はスパセルの重要な収入ですがもうちょいライト層にも優しくして欲しいですね…
    とりあえずファルチェとダクネとスケラ何とかして下さいm(_ _)m

  4. 名前:モフろう 投稿日:2017/07/13(木) 17:17:56 ID:bd399287d 返信

    ライト層用に協力バトルがあるんだと思いますよ。
    スケラとダクネはもう少し下げても良いと思います。