みかん坊やさんのデッキをトルネード抜きで改良してみた

こんにちは。モフろうでございます。

全然ブログや動画の更新しておりませんですけど裏では毎日トルネードを使って実験をしておりました。

トルネードを使いこなしたらスケルトンラッシュや枯渇系のデッキはかなり対処しやすくなるというので習得を頑張っていたんですけど練習だとうまくいくのに実戦だとうまくいかないんですよね。

実戦だと色んな戦型のパターンがあってパニクります。

練習だとホグが1体飛んでくるだけですが実戦だとホグとバレルが一緒にきたり、ディガーと一緒にきたりだとその都度変わります。

そこで高回転でしっかりとコツコツ叩くデッキも良いのかと思いみかん坊やさんのデッキを初心者向きにアレンジしてみました。

スポンサーリンク

ディガーがドンドン飛ばせます

  • ローリングウッド
  • インフェルノタワー
  • スケルトン
  • アイススピリット
  • ポイズン
  • ディガー
  • エレクトロウィザード
  • ナイト

前回のみかん坊やさんのデッキからバルーンをポイズンに変え、トルネードをインフェルノタワーに変え、ザップをローリングウッドに変えました。

正直ウルトラレア3枚入っているので少しアレなデッキ構成ですが、トルネードが無いと枯渇に対応しにくいのでローリングウッドが入っています。

みかん坊やさんのデッキに比べるとエリクサーコスト平均が0.1上がるのでインフェルノタワーの所をオーブンに変えてみるのも良いかなと思います。

オーブンに変えるとやや攻撃的なデッキになります。

基本的な使い方は大型デッキ以外はスケルトン・アイススピリット・ナイト・エレクトロウィザードで守ると行った感じです。

大型デッキにはインフェルノタワーでお出迎えです。

トルネードが無いためにキングを起こせないのでスケルトンラッシュ系のデッキとラヴァバルーンは相性が悪いように感じますがそれ以外は比較的対処しやすいかと思います。

みかん坊やさんのデッキは三銃士系のデッキが相手になると厳しく感じるので逆に穴掘りポイズンだと三銃士系のデッキには対処しやすいかと思います。

コツコツ系で火力が無いのでラヴァバルーンは厳しいかなぁ~。

トルネード頑張ろう(´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする