ロイジャイでもライトニングだ!防衛しやすいロイジャイデッキ

Royal_Giant

こんにちは。モフろうでございます。

ファイナルファンタジー15の体験版をプレイして更新が遅れてしまいました。

凄まじいお金を使った壮大なギャグを見せさされているようで序盤から笑いっぱなしだったんですけど…。

10年という歳月が過ぎてとんでもないものを生み出したような気がします(´・ω・`)

ロイジャイはノーマルカードなので集めやすく、出せば確実にタワーを狙ってくれるので無課金ユーザーにはとても頼れるカードですよね。

今の環境ですとポイズンがあまり使われることが無くなったので小屋デッキが復権してきました。

今回のデッキはそのロイジャイとオーブンを組み合わせたデッキです。

スポンサーリンク

コストが少ないので防衛しやすい

1

  • ロイヤルジャイアント
  • ローリングウッド
  • メガガーゴイル
  • アーチャー
  • 矢の雨
  • オーブン
  • ライトニング
  • スケルトン部隊

ランカーさんが使っているデッキですが使ってみると使いやすいデッキです。

ポイズン弱体化でアーチャーが流行ってますがこのデッキにも入っています。

そして、安定のライトニングですね。

使ってみると分かるんですけど、エリポンが入ってないので安易にロイジャイを出さないようにするのが勝てるための秘訣のような気がしました。

基本的には形作りが大事です。

形作りはオーブンを建てることから始まります。

オーブンを建てながら相手の動きをじっくりと見て後ろからロイジャイを出していくのが良い感じがしました。

ロイジャイが相手陣地に移動していく途中で相手が細かいユニットを出せばローリングウッド。

ガーゴイル系を出せば矢の雨などを使って処理していきます。

ロイジャイの後ろにはアーチャーを付けてあげると良いと思います。

相手がインフェルノタワーや建物で対処してくる場合はライトニングの出番です。

守りはメガガーゴイルとアーチャー、スケルトン部隊が担当します。

よく考えられていてバランスの取れた防衛が出来ます。

エリクサーコストが多い目に見えますがロイヤルジャイアントとライトニングが引き上げているだけなので守りやすいですよ。

勝ちの重要なポイントはライトニングの使い方です。

相手が細かいユニットばかりなら使わないっていうのも重要な考え方なので実戦で覚えていきましょう。

ローリングウッドがなければザップで代用でも問題ないです。

ロイジャイとオーブンのレベルが高ければかなり上のトロフィー帯にいけると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする